MENU

カウンセラー・臨床心理士募集

大学院卒で心理学を専攻された方を募集~

なぜ歯科医院でカウンセラーを募集しているかについてお話しさせていただきます。

この文を読まれている心理学を専攻された皆さんの多くの方も歯科医院を虫歯治療や歯肉炎・歯周病治療のために利用された事があると思います。

その経験は心理を学ばれた方にとってどのような体験であったでしょうか?

おそらくほぼ全ての方にとって嫌な体験であり、どこよりも行きたくないところNo1が歯科医院ではないでしょうか?

私も歯科医師になるまでは確かにそうでした。

理由はかんたん、歯科医院へ行けば理由を問わず、治療のためではあると頭では解っていても、痛みを伴うからで、現在、あさい歯科クリニックに初診で来院される患者様へのカウンセリングで聞かれる言葉に、充分な説明もなく大きく削られた、歯を少しでも残したいと考えていたのにすぐに抜かれた、というような残念な言葉をいただくことが多くあります。

つまり日本の国民にとって歯科のイメージは最悪です。
(北欧の予防先進国では違うのですが・・・)

戦後の時代と違い最近の歯科医師は大学教育でも習うインフォームドコンセントを行わない歯科医師は世の中にまずいません。

それにも関らずこのような声を聞いてしまうのはなぜでしょう?その原因は患者様の「こころ」に焦点をあて患者様と正面から向き合っていないからなのだと私は考えております。

あさい歯科クリニックは客観的に見て他の多くの歯科医院と明確に違う点があります、それは来院され玄関を入られる多くの患者様が、フロントスタッフに向かって、楽しそうに笑顔で挨拶をしてくれるのです。

つまり、あさい歯科クリニックは北欧のフィンランドやスウェーデンのように患者様にとって行きたくないところでは無くなりつつあるのです。

これには私が思うに理由があり、常に患者様の相談に対応できる体制をとっており、初めて新しい歯科医院へかかる際の不安を聞いたり、今まで通院されていた歯科医院さんでの苦い経験や当医院を受診する上で決してしてほしくない事などをお話しいただくために、充分なカウンセリング時間を確保し、あさい歯科クリニックの理念をご納得ご理解いただいてから診察に入るようにしているからだと思います。

やはり人間関係には「こころ」「同意」「納得」「安心」「癒し」の5つが大切なのだと最近強く思うようになりました。

このようなカウンセリング体制が整ってきた影響もあり、今まで以上に、抱えておられる多くの悩み不安を打ち明けてくれるまでに至りました。

また、あさい歯科クリニックは患者様の健康を生涯守り続ける予防歯科・健康創造型歯科クリニックのため患者様は定期的にクリニックに来院され心と心のコミュニケーションをとられていきます。(これが私どもの仕事に対するやりがいの一つでもあります)

日々患者様のニーズが高くなる、当医院のような歯科医院では、これから先の発展を踏まえ「メンタルヘルス」「こころのカウンセリング」にも力を注いでいく必要があることは明確で今までの体制から1,2歩未来に進めるためにも、しっかりと専門的に心理学を学ばれたメンバーが必要となったのです。

歯科医療においてのカウンセリングについては、おそらく本で学ぼうとしても存在しないでしょうし、カウンセラーを常設する必要がある歯科医院は日本中探しても、ほとんど無いのが現実だと思います。

しかし、あさい歯科クリニックでは共に患者様のこころの健康のために全力を注いでくれるメンバーを心の底から来てほしいと願っています。

ぜひ、前向き・プラス発想・勉強好き、で医療カウンセリングに従事したい方、一から一緒に学びたい方、もちろんカウンセリングだけでなく、学ばれた心理学をフロント業務で発揮したいと思われる方まで大歓迎です。

一度あさい歯科クリニックのドアをノックしてみませんか?

必ず、あさい歯科クリニックのメンバーが最高の笑顔でみなさんを迎えてくれることでしょう!

自慢になりますが、とても明るく楽しく最高にやりがいのある職場です。

多くの方のご応募をメンバー一同お待ちしています!

最後までお読み頂きありがとうございました。

ページTOPへ